ニキビ跡を治す方法

ニキビの治療

ニキビは雑菌が肌、毛穴に付き、膿が出て膨らんだ状態のことを指す。膨らんだ状態のニキビを雑菌の付いた手で触ったり、場合によっては潰してしまうことによって悪化する。
ニキビが出来てしまった場合は、洗顔によって清潔を保ち、なるべく規則正しい生活のリズムを作った上で、お肌のターンオーバーを待つことが肝要だ。専門の医薬品を塗布するのも手だろう。実際に、3割のニキビに悩む若者が、ドラッグストアで専門の塗布薬を購入し、ケアに用いているという。
また、どうしてもニキビが気になる、ニキビを潰して膿を出したいという方は、専門医、皮膚科へかかり、専門の器具で潰すことをオススメする。何よりも雑菌が大敵であるので、手や爪で潰すことはやめておいた方が賢明である。その点、医療機関の器具は当然新品、または消毒がキチンとなされているので安心である。
しかし、ニキビで病院へ行くというのは、少なくとも私にはピンと来ない。それもそのはずで、ニキビに悩む若者全体の1割に満たない数であり、極めて少数派である。
しかし、病院の薬というものは、市販薬とはまた効果が一段違ったりするものであり、これも例外ではない。病院で商法される薬は飲み薬が一般的であり、身体の中からニキビを治すということである。困ったら病院、というのはいつでもあなたの選択肢にあると良いものだ。