ニキビ跡を治す方法

9.ニキビ跡に効く成分

ニキビ跡はできるだけ早く改善させたいものです。いつまでも跡が残っていると、色素沈着などの肌トラブルとなり回復しにくくなるばかりでなく、美肌から遠ざかってしまいます。改善にはいろいろな方法がありますが、ニキビ跡に効く成分を積極的に摂取すると肌の状態を良くすることができます。

ニキビ跡が残ってしまうということは、肌細胞がダメージを受けているということです。肌にはコラーゲンが必要ですが、その生成が滞っている可能性が高いといえます。凸凹したニキビ跡、色素沈着した肌にはコラーゲンが有効に働きます。通常はコラーゲンは体内で生成されるのですが、肌細胞にトラブルがある場合には外から補うことが効果的な改善方法となります。そしてニキビ跡に効くコラーゲンの生成に欠かせない有効成分があります。

ビタミンCがニキビ跡に効くことは知られていますが、特にビタミンC誘導体が有効です。美容液や美白化粧品に配合されていることで良く知られている成分です。具体的には肌のコラーゲンの生成を促す効果を持っていますので、にきひ予防にも効果があります。また、美白や毛穴の引き締め効果もありますので、美肌生成には欠かせません。コラーゲンは体内で生成される成分ですが、加齢や肌トラブルによって減少します。特に、加齢によって生成力が低下してしまい肌トラブルをおこしやすくなるのです。生成力が回復すれば肌を健康にすることができるようになります。そのためにはビタミンC誘導体を利用するとよいでしょう。