ニキビ跡を治す方法

大人ニキビ

ニキビというのは人間の思春期、12歳から18歳頃に見舞われるものだとされている。それはホルモンバランスが関係しており、男女ともに一時的に皮脂を過剰に分泌しやすい男性ホルモンが多く分泌され、少しでもケアを怠ると、その皮脂が雑菌と交わり、ニキビとなって表れるのである。そのため、この種のニキビは皮脂が分泌される量の多い場所、額や鼻の周りに出ることが多い。
対して、大人ニキビというものの原因はやはりストレスである。現代人にとって、ストレスはいつも付いて周る万病のもとだというわけだ。大人ニキビのでやすい場所というのもあり、一般的にフェイスライン、特にこめかみのニキビはストレスによるものであるとされる。その他のフェイスラインでいうと、頬の上のニキビは女性の生理が近づくとできやすく、頬の下のニキビは便秘や冷え症、また、肝機能低下のサインであるとされる。ちなみに、背中のニキビは洗い流したシャンプーが背中で留まりそれをすすぎきれていないからである。
大人のニキビは比較的治りにくいというが、思春期のニキビの原因が年齢的なホルモンバランスの乱れによるものである以上、年齢を重ねるとともに落ち着いていくものであり、それと比較する以上、ある意味当然である。しっかりとしてケアをして、また、ストレスに気を付け、ちゃんと治すようにしたい。