ニキビ跡を治す方法

ニキビ跡の後

ニキビ跡の治った後は、もちろん一般論としてでもあるが、程度にもよるが、まずは自分の手が届く範囲で出来ることをしっかりやることである。この場合は、ニキビを作らない、作りにくい体質にすることである。ニキビといってもお肌のトラブルであるから、基本的には規則正しい生活による睡眠時間と質の確保、正しい栄養バランスの取れた食事を、ということになる。規則正しい生活というのは、肌の質を高めるという意味では最も重要だ。特に、肌の細胞分裂のピークは22時〜2時であると言われている。この時間には休むようにすれば効果はバツグンだ。
肌に良い食事というのは、たんぱく質や各種ビタミンをバランスよく摂取できるものを指す。よく、チョコレートを食べるとニキビが出来やすいとされているが、チョコレート自体に罪は無い。チョコレートにもポリフェノールが含まれ、体に悪いことは無いのだが、なにごとも過ぎたるは及ばざるがごとしであり、罪は食べすぎるその人の心にある。また、スナック菓子を取ることにより、3食のバランスが崩れることも原因だ。偏食が体に良かった試しは無いのだ。
肌のターンオーバー、つまり古い細胞から新しい細胞への生まれ変わりのサイクルは4週間である。その間に規則正しい生活と栄養バランスを心掛ければ、良い方向に進むであろう。