ニキビ跡を治す方法

ニキビのレーザー治療

ニキビは雑菌が肌、毛穴に付き、膿が出て膨らんだ状態のことを指す。膨らんだ状態のニキビを雑菌の付いた手で触れたり、場合によっては潰してしまうことによって悪化する。
もしも出来てしまった場合は、洗顔によって清潔を保ち、規則正しい生活をし、バランスの良い食事を取り、お肌のターンオーバーを待つことが肝要だ。専門の医薬品を塗布するのも手だろう。ニキビ治療に特化した化粧水というのもあるので、試してみても良いかもしれない。
ただ、悪化し、繰り返すことによりひどい跡として残ってしまった場合や、クレーター状になったニキビ跡というものはなかなか治らないものである。レーザー治療でも受けない限りは。
レーザー治療とは、美容皮膚外科、美容形成外科で受けられる治療で、肌にレーザーを照射することにより、傷跡を消していくというものです。これは赤々とひどくなったニキビ跡だけでなく、問題のクレーター状となった傷跡にもかなりの効果が期待できます。レーザー治療は、レーザーにより目立たなくする他にも、肌の新陳代謝の力を上げ、再生を活発にする効果もあります。
リスクとしては、高額になりがちな点と、敏感肌には合わないケースもあるということがありますが、まずは専門医に相談してみましょう。