ニキビ跡を治す方法

ニキビ「跡」

ニキビといえば青春の傷跡である。いや、少なくとも私にとってはそうだ。「1キビ、ニキビ・・・」と、たかがニキビを上手いこと言うたった!みたいな小洒落た数え方をするクレアラシルのCMが印象深く、クレアラシルだろうがメンソレータムだろうが、その手の医薬品のCMは決まって学生服に身を包んだ少年少女が主役であった。私も少年だった頃は、洗顔を始めとする美容における知識の欠落からか、よくニキビを作ったものだ。しかし青春の傷跡とはいうが、今に引きずっていいものではない。少年時代を経て、大人になった時、ニキビが傷跡として残ってしまった場合、冒頭でニキビは青春の傷跡といってしまったばかりに、大人になっても未だに青春を引きずる人、青春の傷跡を残した人間ということになってしまう。顔は男の履歴書ともいうから、他人からは「いつまでも引きずってんじゃねぇ!」などと怒鳴られかねない。もし仮に自分が今に引きずっていたとしたら、今も思い悩んでいたかもしれない。そして実際に思い悩む人もいる。例えばそんな方のために美容外科は存在する。一般論的ではあるが、自分の手が届く範囲ではどうしようもない場合は専門家の手を借りる必要がある。また、そもそもの民間療法も善し悪しである。改善に向けて一歩を踏み出してみよう。