ニキビ跡を治す方法

2.ニキビ跡は消せるか

にきびが跡になって残ってしまうと、メイクでカバーすることは難しくなります。特に凸凹とした肌になってしまうと化粧のノリも悪くなります。自然と厚塗りになりがちですが、化粧崩れもしやすいので良い方法ではありません。

肌細胞を健康な状態に戻すことが最も良い方法といえるでしょう。新陳代謝が活発になりニキビ跡を消すことができます。たとえば、ニキビ跡を消す方法としてレーザー治療があります。レーザーによって肌のきめを整えることができれば、美肌を再生させることができます。美容皮膚科には、肌細胞の活性化を促すケミカルピーリングという方法もあります。

美容液などのスキンケアによって肌細胞の再生化を図るという方法もあります。食生活の見直しも効果的と言われています。これらは即効性はありませんが、毎日コツコツと続けることでニキビ跡を消して肌を再生させることができます。

にきびができてしまったら、とにかくいじらないこと、悪化させないことが大事です。にきびは化膿しないで治ってしまうこともありますが、通常、にきびができると白くなり、自然に破裂して膿が流れでて最終段階となります。途中で気になっていじり回したり、無理に膿を出してしまう人は少なくありません。そのようなことをするとニキビ跡が残ってしまいます。ニキビ跡となってしまった肌は、健康な肌とは異なります。キメが悪く新陳代謝ができにくくなっています。そのため、皮脂が過剰に分泌されたり、皮脂の分泌が悪くなったりしてしまうのです。