ニキビ跡を治す方法

5.にきび跡ケアは悪化させないこと

にきび跡が残った肌はコンプレックスとなってしまうことがあります。メイクで隠すことは不可能ではありませんが、一時しのぎにしかなりません。正しくにきびを治す方法を知って、実践することで美肌を取り戻すことができます。また、コンプレックスの解消にもつながりますので、自分に自信を持てるようにもなります。

にきび跡を治すには、薬用のにきびケア製品があります。即効性はありませんが、早い段階から使用することで次第ににきび跡を薄くすることが可能です。即効性を期待する場合には、美容クリニックなどでの施術が効果的です。たとえばケミカルピーリングによって肌の再生力を高める方法があります。また、美容機器を利用した代表的な施術にはレーザー治療があります。この方法では、クレーター状態にまで悪化した肌にも効果があります。

にきびができてしまったら、悪化させないことが大切です。悪化するとにきび跡になりやすいのです。美肌に戻すには労力も期間もかかってしまいますので、にきびは初期の段階で治すことが美肌維持のポイントです。にきびができてしまった原因を知ることも大切です。簡単に言うと、毛穴についた汚れと菌が結びつくことで炎症を起こすことが主な原因です。このような状態になってしまうのは、洗顔方法が間違っていると考えられます。もちろん、食事や体調も関係しています。規則正しい生活をしてバランスの良い食事を摂ることを心がけて体調の管理をするようにしましょう。