ニキビ跡を治す方法

1.ニキビ跡はレーザーで解消

にきびができるとひとつでも、たくさんでも気になります。たいていは薬や洗顔などのケアできれいに治すことができますが、処置が適切でなかったり、無理に潰してしまうと跡になってしまいます。レーザーを照射することで美肌になれることはよく知られています。この他にも脱毛、シミなどのケアにも利用されています。美容皮膚科や美容整形外科で施術を受けることができます。ニキビ跡さえも照射することによってきれいにすることができます。照射による痛みはほとんどないと言われています。輪ゴムで弾かれた程度の痛みで、一瞬のことなので、痛みによるリスクも少ないのが特徴です。

肌の修復に利用するレーザーには種類があります。特に凸凹のあるニキビ跡に効果があるのはフラクショナルレーザーを利用した方法です。肌を新しくリセットさせ、コラーゲンを増やす効果がありますので、凸凹のない赤ちゃん肌を再現することが可能な方法なのです。他にもスター、クリアタッチなど複数のレーザーを利用したニキビ跡を改善する方法があります。費用や方法は施術を行なっているクリニックによって異なっています。 にきびは肌トラブルのひとつです。そもそもにきびはスキンケア不足が大きな原因です。毛穴に老廃物が溜まったりすることによる炎症によって起こります。正しく洗顔を行なっていれば、トラブルの元となる汚れが残ることはありません。にきびを作らないようにケアをすることも大切です。

ニキビ「跡」
治った後
大人ニキビ
簡単な治療
レーザー治療